車検切れ車両の名義変更方法について

通販サイトを観覧
近年のインターネットの普及に伴って、通販サイトやオークションサイトが発展し、個人売買の格安車が販売されるケースが増えています。
ただオークションに出ている格安車は大体車検切れしていることが多いです。
そういった時に必要になるのが「名義変更」です。
今回は車検切れ車両の名義変更ついてご紹介します。

■まずは必要書類を揃えよう

オークションサイトなどを見ていて、ほしい車検切れ車両が見つかり落札したとします。
落札したらまずは必要書類を受け取らなければなりません。
必要書類

  • 車検証(抹消登録証明書)
  • 自動車税納税証明書
  • 委任状
  • 譲渡証明書
  • 印鑑証明

これらの書類を受け取る必要があります。
そしてこちら側でも必要書類を用意しましょう。

  • 印鑑証明
  • 車庫証明

この2つです。
印鑑証明は区役所または市役所で。
車庫証明は管轄警察署で取得可能です。
費用としては2つ合わせて3,000円程度です。

■車検の取得方法を決定する

車検を受ける車
名義変更をするためには、先に車検を取っておく必要があります。
車検切れしたままでは名義変更ができません。
ユーザー車検を受けるか車検業者に依頼するかの2通りを選択できます。

■仮ナンバーを取得しよう

ユーザー車検もしくは工場まで自分で車を持っていく場合は仮ナンバーを取得する必要があります。
仮ナンバーを取得するためには自賠責保険をかけなければなりません。
仮ナンバー取得には、車検証・自賠責証明書・免許証・印鑑が必要です。

■名義変更を行おう

仮ナンバーと必要書類を持ち、車を取りに行きます。
(任意保険に加入しておいたほうがリスクは小さくなるようです。)
業者に持っていく場合は別途料金で名義変更してくれるケースが多いです。
ユーザー車検で通す場合は、まず全所有者の名義で車検を取り、名義変更しなければならず少しややこしいです。
乗っている車が車検切れしてしまった場合、気になることはたくさんあると思います。

  • どういった方法で車検に出す?
  • 車検にかかる費用や時間は?
  • 車検切れしてしまったらどうなる?

人によっていろんなことが気になると思います。
中には車検切れの車両の自動車税支払いは必要なのか気になるという人もいるでしょう。

■車検切れ車両の自動車税

お金とにらめっこをしている男性
車検切れ車両の自動車税支払いの必要性についてですが、都道府県によって支払わなくて良いところもあるようです。
車検切れしても数年間は自動車税の納付書が届きます。
それでも人によっては車検切れで乗らなくなった車の税金を支払うなんて納得いかないという人もいるでしょう。
しかし車にナンバーが付いている限りは、原則自動車税を支払う義務があります。
ただ都道府県によっては「自動車税課税保留制度」というものを設けているところもあるようです。

■自動車税課税保留制度って何?

都道府県によっては「自動車税課税保留制度」という制度を設けています。
この自動車税課税保留制度というのは、車検切れすると保留状態になりひとまず自動車税を支払わなくてもよくなります。
そしてその車検切れ車両を抹消もしくは廃車にすると、保留分の納税義務が消滅するというものです。
ただ最初にも記載したように、都道府県によって異なります。
自分自身が住んでいる都道府県に、自動車税課税保留制度があるかどうか確認してみましょう。

■車検切れする前の自動車税は?

車検切れする前の自動車税は、当然ですが必ず納税しなければなりません。
たとえ自動車税課税保留制度が適用されていたとしても、車検切れ以前の自動車税には納税義務があります。
未納状態を続けていると滞納金が膨らみ、最終的には自動車を差し押さえされることになります。

車検切れの車の仮ナンバーを取得する

新着情報

◆2017/05/18
車検切れ車両の名義変更方法についての情報を更新しました。
◆2017/05/18
車検切れの車の罰則規定と実刑についての情報を更新しました。
◆2017/05/18
車検切れの車はどうしたらいいのかの情報を更新しました。
◆2017/04/06
プロフィールを新規投稿しました。
◆2017/04/06
車検切れ前に!ユーザー車検を受けようの情報を更新しました。